基幹型枚方公済病院 研修医1年目 島田大揮


ローテートした科は、循環器内科・麻酔科・救急科・消化器内科・外科です。
当院は、上級医にも気さくに相談できる環境で、先生方だけではなくコメディカルの方も
含めて全てのスタッフの方々が親身になって指導して下さる印象を持ちました。また上級
医の下で積極的に様々な手技もさせて頂けます。
救急外来では内科系ERを中心に見させて頂けるため、内科志望の私にとってすごく勉強に
なっています。どんなに救急外来が忙しくても、1年目の研修医は一人の患者さんについ
て問診から検査、そして結果に対するアセスメントと患者説明まで全てさせて頂けるため
、消化不良になることはまずなく、上級医のフィードバックもすごく丁寧な印象を持って
います。仕事はものすごく多忙ということはなく、自分の振り返りの時間も確保できます
し、飲み会など病院外でのイベントもあり、とても充実した研修を送ることができています。

 
 

京都大学たすきがけ研修医1年目 古谷るふ

 

ローテート科:救急1ヶ月、外科2ヶ月、麻酔1ヶ月、呼吸器2ヶ月、循環器1ヶ月

 

東京出身のため、関西をよく知らないまま、はじめは"ヤギがいる病院"という情報だけを頼りに枚方公済病院に訪れました。研修が始まると、病院全体の教育に対する積極性に驚きました。1ヶ月間のオリエンテーションが、様々なコメディカルの中でいち医療者として働くという意識を習得するのに、貴重な経験だったと感じます。また、研修医の各々のスタイルに合わせた柔軟な研修システムもとても有り難かったです。私は研究分野にも興味があるので、研修医中に学会発表や論文作成をしたいと思っておりました。その希望に応えてくださり、呼吸器科ローテート中には近畿地方会でポスター発表を行い、研修医最優秀賞を頂くことができました。そして、研修医担当の先生には親身になって私事の相談に乗っていただくこともありました。皆様には本当に感謝しても仕切れないです。誠にありがとうございます。

 

徳島大学病院初期研修医1年目 井上舞

徳島大学病院のたすきがけプログラムで、初期研修1年目の4月からの1年間を枚方で研修しています。
この9ヶ月は循環器内科、消化器内科、内分泌内科などのメジャー内科から始まり、外科、泌尿器科、救急科などをローテートしました。

当院は、診療科の垣根が低く、ER業務中に各科の先生方に相談しやすいですし、担当ではなくても貴重な症例や手技がある際には声を掛けていただき、診療に関わることができるため、非常に勉強になります。

またon.offがはっきりしており、休みの日はプライベートの時間を確保出来ますし、院外でのイベントも多く、BBQや旅行などを上級医の先生とご一緒して、楽しい日々を過ごすことが出来ました。
社会人として、医師として、初めての1歩を踏み出す場がここ枚方で本当に良かったと感じています。枚方で学んだことを生かして、徳島に帰ってからも頑張って研修していきたいです。

 

 

 

枚方公済病院 臨床研修センター

〒573-0153大阪府枚方市藤阪東町1丁目2番1号

mail:hirakohkenshucenter@gmail.com 

TEL:072-858-8233(病院代表)

​病院HP:https://www.kkr-hirakoh.org/