急性心筋梗塞や急性心不全はもちろんのこと、重症敗血症などの重症集中治療が必要な疾患も循環器内科が対応しており、重症疾患では救急外来から集中治療、運動処方などの退院まで一連の完結型対応として経験します。

 循環器疾患のみでなく救急外来から入院した希少な内科疾患の担当も行い、総合診療内科の考え方も一貫して学びます。

 内科専攻医の取得条件を満たすだけでなく、シームレスに循環器専門医への取得条件や経験症例を満たすことが出来るように専攻医間で調整をしています。

 内科疾患の経験症例数は必要に応じて協力病院と連携して、全専攻医が取得条件を満たすことが出来ます。

 特に循環器内科専攻医として、実際に身体を使い、手を動かしながら学び、CAGやPCI、ペースメーカー挿入に関してもメインオペレーターとして専攻医が多くの症例を経験することが出来ます。

 ACSのカテーテル治療では、全PCI数の6割以上を占めており、救急疾患に自信と責任をもって望むことが出来ます。

 

 

 

循環器内科サブスペシャリティーコース研修内容

 3年間の研修で内科と循環器疾患の一般的な管理、集中治療領域での管理、

一般的な内科ER疾患の初期診断と治療が出来ることを目指します。

 基本的には循環器内科の所属となり、通年で循環器疾患一般管理、ER救急、

集中治療を主治医としてスタッフと相談しながら行います。

【定期カンファレンス・勉強会など】
 朝カンファ:平日毎日
 研修医レクチャー:1回/週
 循環器カンファ:1回/週
 カテーテルカンファ:平日毎日
 CCUカンファ:平日毎日

 

 

 

 

 

 

【国内留学・海外留学】
希 望に応じては院内での心臓外科の見学や内科他科への研修を調整することも可能です。また、国家公務員共済組合連合での国内交換留学制度を用いることにより、希望があれば他院での内科や救急の研修を行うことも可能です。

 スタッフでは海外留学を経験している医師も複数在籍しており、将来の海外留学へのプランの相談に乗ることも可能です。

【国内・海外学会発表】
 症例が豊富であるため、珍しい循環器疾患や内科疾患に触れることも多くあります。そのため、専攻医1年目では症例報告を中心に地方会や地域の研究会等で発表する機会があります。

 当院では豊富な症例があり、様々なデータを蓄積しています。そのデータを用いて、診療に多少慣れた専攻医2年目以降では日本循環器学会での発表や希望者は海外学会での発表を経験することが出来ます。

 自ら疑問に思ったことや興味のあることを自由に学べる環境があり、スタッフからの指導体制も十分に用意されています。専攻医では日本循環器学会総会での発表をはじめとして海外での発表をサポートしながら目標とします。

 


 

循環器内科サブスペシャリティーコース

専攻医循環器内科スケジュール図.JPG
characteristic01.jpg
DSC02461.JPG
DSC02507.JPG
DSC02676.JPG
DSC02522.JPG
characteristic11.jpg

​専攻医の声

河合龍馬

川崎医科大学卒・京都府出身

 

 「カテーテルやペースメーカー等の手技をたくさん出来ます」なんてことはおそらくどの病院の紹介文でもあると思うので、当院の特徴についてお伝えできればと思います。
 専攻医は主治医として患者さんの診察にあたりますが、初期にはサブ医として上級医が支えてくれています。また毎日症例の相談をする機会があり、1人で迷ってどうにもならないなんてことには決してなりません。人に相談するのが苦手な方もいると思いますが、「何か困ってないか?」「担当患者さん多くない?」など声をかけてくれたり、自分の事を気にかけてくれているたくさん先生がいるのが当院の誇れる部分だと思います。
 他科との診療の協力体制も充実しており、症例のコンサルトに気を遣うなどの不要なストレスを感じることもありません。ACS等の循環器疾患はもちろんのこと、総合内科医として診療にあたるという教育方針があり、内科疾患に対して様々な角度から研鑽を積むことが出来ます。ここ数年間で当院研修センターの充実に伴い、初期研修医が途切れることなく入職してくれることで後輩の指導という面でも鍛えられています。手取り足取り教えて頂きながら学会発表の機会にも恵まれ、実臨床で疑問に思ったことを題材として取り上げることで、より深く考えることが出来るようになりました。
 いつかここを去る時に、枚方公済で研修して良かったと必ず言っていただける病院だと自信をもってお伝え出来ます。

大上眞理子
循環器内科後期研修卒 徳島大学卒・兵庫県出身

 

 

・頼れる姉貴と兄貴
1学年あたりのレジデントの数は少なめですが、10年目以下の面倒見のいい姉貴や兄貴がたくさんいてにぎやかです。手技もしっかりべったり教えてくれます。基本的に「褒めて伸ばす」なので、怒られたい人には物足りないかもしれません(笑)。失敗して落ち込んだ時にコーヒーをくれたり、カテ室でグチを聞いてくれたりと、メンタルサポートも充実してます。

 

 

 

生田旭宏
循環器内科後期研修卒

滋賀医科大学卒・滋賀県出身

 

 

・3年目から症例豊富、手技ができる
循環器内科は様々な技術の習得が必要となります。当院は病床数としては中規模の病院ですが、循環器救急が非常に盛んであり専修医1年目からたくさんの症例や手技を担当することができます。心臓超音波検査や経食道超音波検査、運動負荷検査はもちろんですが、PCI、ペースメーカー植え込みを積極的に経験することができました。

・コメディカルとの連携
コメディカルの方々と医師の仲が非常によいのが枚方公済病院です。私が当病院を研修先に選んだ理由の一つも医師とコメディカルの方々との距離の近さがありました。私はコメディカルがより活発に医療に携わっているということは、病院が成長していくうえでの大きなステータスであると思っているからです。

医師とコメディカルの方々との飲み会等の仕事外の交流も多くあります。飲み会やレクリエイションも多く、医師だけでなく多職種でon-off共に連携していける、枚方公済はこんな病院と思っております。